Coinhive事件は、無罪か有罪か?

遅くなりましたがついに

トライアングルの特典も完成しました。

一応値段が高騰してますが
環境的な事を考えれば、私は、まだまだ安いと思うので
値段を気にせず検討してください。

KAZUOblog -ネットビジネス、副業検証レビューサイト

アドモールで販売されている山上剛さんのトライアングルという企画をレビューしました。jトライアングルという情報の内容を確認…

 

ガツガツいきましょう!

実践も非常にやり易い工夫を施したつもりです。

時短、収益増加の役に立てば幸いです👍

 

さて本日はこちらの Coinhive事件 について記事を書きました。

実は以前から注目をしていた話です。

 

Coinhive事件

 

詳細は内容は、下記を確認下さい。

 

カズオ
既にこのCoinhiveのサービスは終了しています。これはモネロのアップデートやサービス終了に伴うもののようですがウイルスと認識されウイルスソフトなどで設置していると警告表示が出てきたりしていた事も要因の一つかもしれません。また、国内でもウイルスとしてみなされたりしていますが これは未だに争われています。

 

Coinhiveはどんなサービスだったのか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、Coinhiveは、サイトの運営者が、
閲覧者に仮想通貨を採掘させ、その収益を受け取るというサービスです。

 

仕組みとしては

訪問者のPCのCPUパワーを使い、仮想通貨「Monero」を採掘するというものです。

個人的には、WINWINで素晴らしい仕組みだと

私も着目していた分野です。

 

Coinhiveは短縮URLサービスも実装していたので、
閲覧者が一定の採掘をすると指定先にジャンプする…

といったような仕組みです。

 

この延長線で言うと、パソコンのCPUで

何かが購入できるような仕組みやゲームの利用でも採掘したり

動画の再生時に採掘させるようなプログラミングも

可能なので、注目を浴びてました。

 

Coinhiveは海外で開発されたツールで

Webサイトに埋め込むためのプログラムが

2017年9月ごろに公開されたというわけです。

 

Coinhiveで稼げた金額

PCで1分閲覧すると、採掘できたのは約1000ハッシュ程度のようです。

同じページを1000人がそれぞれ1分間閲覧したと仮定した場合には、

100万ハッシュ(1Mハッシュ)採掘できる計算になるそうで、

当時のレートだと、1Mハッシュ当たり約0.00015Monero(約1.5円)

ですので大体の目安が、1000PVの記事で約1.5円稼げるという事になります。

 

Coinhiveは、ウイルスなのか?

次にここが焦点ですが

他人のパソコンのCPUの消費量が上がるという部分です。

 

既にこの裁判は2度行われているのですが

1審では無罪

そして地検が控訴して二審では、有罪で罰金10万円の判決

再び男性が控訴した形です。

 

上告審弁論を12月9日午後1時半に開くことを決めた という事です。

基本は殆どが2審の判決が変更されないような場合は

おそらく2審の判決が見直しされる可能性が高い様子です。

なぜなら、最高裁では上告を棄却するときには、

口頭弁論を開く必要が無いからです。

 

つまり今回の口頭弁論を開くという点においては

原判決を変更する場合には、被上告人にも

反論の機会を与える必要があるから口頭弁論を開くことになり

口頭弁論に開かれるという点においては、

「2審の判決が変わる可能性が高い」のです。

 

一般的な広告との違い

マイニングはCPUを消耗するので、

見る側のパソコンがアクセスしている時に

リソースを食うということです。

 

ただ多くのWEBサイトは広告を入れていますし

広告でも重くなるものは数多くあります。

 

プログラムが不十分であったり、

ネットワークの使用に最適化されていなかったりすると

重くなる事は普通にあります。

 

Googleクロームでは、重い広告を排除する仕様を実装

2020年の8月には、

4MBのデータ使用、任意の30秒間でCPU使用時間が15秒、

またはCPUの合計使用時間が60秒に設定されているようで

それ以上になると広告が表示されなくなるそうです。

 

現在、これを超える広告は0.3%ほどのようですが

これらの広告により、広告が使用するネットワークデータの27%、

CPU使用量の28%を占めているらしいです。

 

ちなみにこの0.3%という数字は、全世界のシェア率が

7割近いGooglechromeから見ると、0.3%の数字でも

膨大な数になるわけです。

 

こう見ると、マイニングのような負荷をかけるものは

当然、非表示になりますが…

ただCPUの消費の高い広告があることも事実です。

 

また今回捕まったという人においては、

不正指令電磁的記録取得・保管罪(不正指令電磁的記録取得等)

という事みたいです。

事前に許可(もしくは予感させること)なく他人のPCを動作させたらアウト

みたいな話だったそうですが この言葉だけ見ると

ジャバスクリプトなど 色々なプログラムがありますが

その多くがNGみたいな話にもなります。

 

カズオ

かなり無茶苦茶な理由の事件だなと思ってました…。

ただこういった仕組みの可能性はビジネスに広がるので、個人的には
無罪を勝ち取って欲しいと思っていました。

個人的には、このCoinhiveのような仕組みは合理的だと思います。

ずっと売り続けるというものから

時間=お金 に変える仕組みがあれば本当に理想です。

今では、唯一目立つものはYouTubeです。

しかしYouTubeも まだまだ いけますが

参入壁が高くなっている事も現実です。

CPUの負荷でパソコンが壊れるとかなると話は別ですが
仕組みとしては、素晴らしいものなので、
ここで ウイルスで有罪 といった、不当な判決が出るか出ないか…
というものですが 安易に、ウイルスと一緒だ!
というような判決は、既に終わっているCoinhive ではあるものの
このようなスクリプトの線引きが決まる重要なポイントだと思うので
「無罪」を勝ち取って欲しいものだと思ってます。
今はまだパッと出てきませんが、この先、こういった仕組みは
WEBにあると本当に面白いと思います。
もちろん中には、
「勝手にパソコンのCPU使われたー」とか

騒ぐ人も居る一方で 例えば本来お金を払うべきサービスを

WEBのアクセス、閲覧でFREEになったり(マイニングなので安いですが例として)

すれば かなり面白いと思うのです。
こういった仕組みと仮想通貨などをうまく連携できれば
何か面白いWEBサービスが出来上がるのでは?とも思うので
一言に、『ウイルスだ』では 片づけられたくありませんね👍
それでは最後まで読んで頂いて有難うございました👍
何も売らないと言えばこちらも 今は市場ができていますが、
個人的には『やり方さえ間違えなければ』
『悪用しなければ』という前提ですが、非常に良い仕組みだと思います👍
特典の方では、報酬面で落ちるものの、
もっとやり易い仕組み、サービスなども解説しているので、
めちゃ役立つと思います👍
KAZUOblog -ネットビジネス、副業検証レビューサイト

アドモールで販売されている山上剛さんのトライアングルという企画をレビューしました。jトライアングルという情報の内容を確認…

確認する⇒  ヤフコメ規制!?ヤフーコメントから見る クチコミサイトの破壊力
最新情報をチェックしよう!
>副業大百科は無料で閲覧できます。

副業大百科は無料で閲覧できます。

ネット副業情報を50種類以上学べる! 副業大百科の購読はこちらよりできます。

CTR IMG