無料で便利な プラグイン! リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker レビューと解説!

リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker についての記事にします!

かずおです👍

 

本日は、ワードプレスのプラグインの紹介です。

今回は、数あるWordPressの便利なプラグインの中でも、
私のイチ押しをご紹介します。

 

ブログ内でリンク切れを起こすことがありますが、
それをチェックするのは至難の業ですよね。

 

 リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checkerとは?

リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker

ブログの記事が大量にある時は、なおさらです。

一つひとつの記事をチェックすることは、ほぼ不可能ですね。

カズオ
一度投稿した過去の記事のリンクなどのチェックは到底無理です。
しかしこのプラグインを入れておけば自動でエラーがある場合、
検出してくれるのでとても便利です。

 

リンク切れを放置すると、
ユーザビリティが低下しユーザーの
行動指標が低下し、結果としてSEOにも悪い影響が
及ぶことになります。

 

そこで活躍するのが、Broken Link Checker という
WordPressのプラグインです。

リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker 使えるか

 

作者のサイトはこちらです。 https://wpmudev.com/

ワードプレスプラグインBroken Link Checker を入れるとリンク切れをどのように検出してくれるのか?

このプラグインは、ブログ内のリンク切れを自動検知し、
通知してくれるものになります。

 

URLのスペルミスやリンク先のページが
削除されたというケースでのリンクエラーを、
全てのページで自動的にチェックして
通知してくれるため、リンク管理には
無くてはならない機能と言えるでしょう。

 

例えば、リンクエラーが発見された場合、次のような形式でダッシュボードに通知されます。

 

 

リンクエラーが無い場合

リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker 図解説

 

通知のあったページのリンク情報のみチェックして
修正をかければ良いので、作業効率が各段にアップするのと、
見落としも無いので安心です。

 

しかし少しはデメリットがあります。

リンク切れをチェックしてくれるワードプレスプラグインBroken Link Checker デメリットと対処策

ただ、Broken Link Checker が各ページのリンクを
チェックしている間、サーバーへ負担をかけてしまいます。

これが唯一のデメリットですが、
リンク切れをチェックする時間間隔を
広げる事でデメリットは解消されます。

 

頻度が高い場合、その間はページの表示速度にも
多少影響を及ぼす可能性があります。

 

Broken Link Checkerインストール方法について

インストール方法は簡単です。

ワードプレス管理画面から、

プラグイン⇒新規追加 ⇒ Broken Link Checker と検索。

そしてインストールをクリックして、有効化するのみです。

 

 

 

カズオ
はい。楽勝ですね!

Broken Link Checkerの基本となる一般の設定方法

 

今回は、若干設定を変更すると、より効果的に活用の
できるおススメの設定方法を書いておきます👍

 

WordPressの管理画面より、
「設定 → リンクチェッカー」へ進みますと、
設定画面が表示されます。

 

一般設定では、4ヶ所の項目を以下のように設定しましょう。

 

・『各リンクをチェック』:168 時間

・『リンクの調整』:「削除したリンクにカスタムCSSを適用する」にチェックを入れる

・『リンクの調整』:「検索エンジンにリンクエラーをたどらせない(nofollow属性をつける)にチェックを入れる

・『提案』:「リンク切れに変わるものを提案する」のチェックを外す

リンクエラーは、頻繁に発生するものではありませんので、
プラグインによるチェックの間隔を168時間(7日間)ごとに変更します。

 

これだけでも負荷の回数は軽減できますし、
また、リンクエラーを起こしていることを
nofollow属性にすることで、SEO評価を無駄に
受け渡さないように設定しておきます。

【設定方法】《高度な設定》

 

先ほど、このプラグインが稼働している際に、
サーバーへ多少の負荷がかかるため、
ページの表示などに悪影響を与える可能性があると説明しました。

 

これが気になる人は、

高度な設定の二か所のみ設定を変更してみてください。

まずは、

 

・『リンクモニター』:「バックグランドで1時間ごとに
実行する」のチェックを外す

こちらを設定してみて、サーバーの様子を見てみてください。

 

ここまでする必要もありませんが、
気になる人は ∔高度な設定をしておきましょう👍

 

設定は以上となります。

 

エラーが検出されたらどうするの?

 

WordPressの管理画面より、
「ツール → リンクエラー」へ進みます。

 

こちらは定期的に確認しましょう。

 

もしリンクエラーがあった場合は、
以下のような画面になっています。

 

 

各項目の詳細は以下の通りです。

・URL:リンク先のURL・ステータス:リンクエラーの原因

・リンクテキスト:リンクのアンカーテキスト

・ソース:リンクエラーが生じている記事(ページ)

 

リンクエラーを起こしている記事や
リンクを実際にチェックして、修正作業を
してしまえば完了です👍

 

リンクエラーを起こしている記事で直接修正することも可能ですが、
なんと一覧表示されていた、先ほどの画面でも修正が可能です。

 

ただ、リンク先のサイトが消滅している場合は
記事の内容も書き換える部分があると思いますので
臨機黄変に対応してください😅

 

リンクを正しく修正した後に、『再確認』をクリックします。

問題が解決していれば、ステータスが「200 OK」となります。

これで、修正作業は完了します。

 

リンク切れを検出する、ワードプレスプラグインBroken Link Checkerまとめ

 

今回は、WordPressプラグインの Broken Link Checker について、
設定方法や使い方を解説しました。

 

まず、Broken Link Checker とは、ブログの各記事におけるリンク切れを
自動で検知し、通知してくれるプラグインです。

 

設定方法はいたって簡単で、「一般」と「高度な設定」の
数か所の数値やチェックを変更するだけでした。

また、使い方も分かりやすく、また報告されたリンクエラーを、
報告の一覧表示から修正することもできる機能が備わっています。

 

それでは本日はこの辺で!

 

ワードプレス話題一覧はこちら

KAZUOblog -ネットビジネス、副業検証レビューサイト

KAZUOのブログです。ネットビジネスや副業の検証やレビューをしています…

最新情報をチェックしよう!
>副業大百科は無料で閲覧できます。

副業大百科は無料で閲覧できます。

ネット副業情報を50種類以上学べる! 副業大百科の購読はこちらよりできます。

CTR IMG